スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
けんいち! それでも僕はやってない…を見る!!
2008年05月11日 (日) | 編集 |
 やっぱ、鈴木蘭蘭はかわいいなぁ… と思いました。 ニートのけんいちです。

さっきまで、こないだCSでやってた「それでも僕はやってない」を見ておりました。

久しぶりに面白い映画を見たような気がします。
ただ、1点気になったのが前半に主人公が調書にサインをするシーン。
ちょっと素直にサインしすぎるんだよなぁ。 主人公の設定は普通のどこにでもいそうなちょっとだらしない程度の好青年のはずなので、何かにサインや拇印を押す時には多少なりと抵抗するのが自然の反応の気がするわけです。
そこで、主人公は何にでも素直にサインしちゃうちょっとあほな男の子なのかなぁっと勘違いしそうになってしまった。 映画を見ていくとそうではないという事が分かってはくるのですが、ちょっと惜しい気がします。

あとの作りはほぼ完璧なんじゃないかと。 登場人物全員がみな真剣な為に滑稽に見えてくるところや、判決文を読み上げるところなどもすごくリアル。
被告の目線で、裁判官・検察・弁護士・被告の家族友人の立場等、それぞれいろんな人の立場が見えてくるし、日本の裁判制度の歪さなど色んなものが見えてきてかなりいい感じ。
最後のシーンで、ああなるほどだから「それでも僕はやってない」ってタイトルなのねっと、納得できるようになってたのですげ~感心しました。
映画って、やたら映像に凝ってるだけだったり、芸術気取ってるだけだったり、役者を見せたいだけだったり、原作を映像にしてみたいだけだったりが多いんだけど、「俺は伝えたいことがあるんだ!」っていうのがはっきりしてる映画はやっぱ いいねっ!



まだ見てない人には是非お勧めしたい映画でございます。
テーマ:考えさせられた映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。