スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
けんいち! トレード手法を思いつく!!
2008年06月22日 (日) | 編集 |
 路上に落ちている梅を拾って食べました。 ニートのけんいちです。

もちろんアパートに持ち帰り、洗って皮を包丁で剥いて食べたのです。 酸っぱかったけどうまかった!


金曜日はあまりのショックでぶっきら棒な記事になってしまいました。 情けない…。。

あれから色々考えて、新たなトレード手法を思いつきました!

名付けて     「もっと売り!・もっと買い!」


解説しよう!

俺が負けてる原因を振り返って考えて見たところ、そのほとんどの原因はこの二つにあると思った。

株価が上がっている時 → 「もっと上がるのでは!?」
株価が下がっている時 → 「もっと下がるのでは!?」

どうしてもそんな風に考えてしまいこんな↓行動に出てしまう。

株価が上がっている時 → 「もっと上がるのでは!?」 → 高値掴み・利確を逃す
株価が下がっている時 → 「もっと下がるのでは!?」 → 空売りで底値掴み・押し目を逃す

では、なぜこの様な行動に出てしまうのか?

株価が上がっている時 → 「もっと上がるのでは!?」 ← 「欲」に駆られた発想
株価が下がっている時 → 「もっと下がるのでは!?」 ← 「恐怖」に駆られた発想

俺の場合、利益が出せない又は損失を出してしまう原因はこの「欲」と「恐怖」に駆られた発想通りに行動してしまっている時がほとんどだと思う。
って事は…。。 つまり、この「欲」と「恐怖」に駆られた発想と逆の行動をとれば! ほとんど負けないって事になる!

つまりこう。↓
株価が上がっている時 → 「もっと上がるのでは!?」 → 売り
株価が下がっている時 → 「もっと下がるのでは!?」 → 買い

が、しかし!
この欲ってやつは急騰してる時ほど増幅し、恐怖ってやつは急落してる時ほど増幅する。
だからかなり厄介であり、これを行動に移すのはなかなか難しいと思う。。

結論・俺が取るべき行動↓
「もっと上がるのでは!?」 → 「欲」を抑えて売り
「もっと下がるのでは!?」 → 「恐怖」を乗り越えて買い

略して、 「もっと売り!・もっと買い!」
う~ん。。 「欲売り!・恐怖買い!」の方がいいかな。。
いや、これはどう? 「煩悩滅殺仏教トレード!」 ←なんのこっちゃ…

まあ、ネーミングはいいとして。。
取り合えず、思いついたからには実行してみようと思います。

でもまあ、まだ精神的に立ち直れてないのでしばらくは焦らず、ぼちぼち頑張っていこうと思っとります。


果たしてけんいちの「煩悩滅殺仏教トレード!」が火を噴く時は来るのだろうか…!?
カミングス~ン!!
スポンサーサイト
けんいち! 損切りについて考える!!
2008年04月27日 (日) | 編集 |
 気づくとキーボードの間にひじきが挟まってました。 ニートのけんいちです。

さて、あした おそらく俺はドワンゴを損切りすることになると思うわけですが、ここで損切りについて考えてみたいと思います。

短期売買の本やデイトレード本なんかにはよく、まずは損切りが出来るようにならなくてはならないと書いてあります。 ある本には「損切りは必要経費だと思いなさい」と書いてありました。
しかし、肝心のなぜ損切りをしなければならないのかについては書かれてなかったりします。 それに経費と思えと言われても、会社の家賃や人件費等は0円には出来ませんが、デイトレはそれをゼロにしてプラスにもっていくことが目的なのですんなり納得できません。

俺の経験上、損切りした直後、又は翌日、あるいは3日後に買値まで戻ってるってのはよくあったりします。 じゃあ損切りしなくてもよいのではないかという考えがなりたちます。 しかし、なかなかそうもいきません。 確かに3日待って確実に買値まで戻るのであれば3日待つのも全然ありだと思います。 しかし、例え3日待って買値で売れたとしても失ってるものがあります。 それは3日分の時間とチャンスです。 それはまるごと捨てることになります。 しかも、もし買値まで戻らなかった場合損失はどんどん膨らみ続けます。 ←これは怖い。

というわけで、やっぱり自分の予想を外れてどんどん株価が下がってきたら損切りする事はとても重要だと言うことが出来ると思います。
しかし、なかなかこれが頭では分かっていても実行するのは難しい。。
なぜかというと、今損切りすると損失がいくらになるという事が数字ではっきり分かっているからです。
そのはっきり数字で分かっている損失と、その後の未来の「時間とチャンス」を天秤にかけなくてはならない。
しかも、この時間とチャンスってやつは明確な数字ではないので、はっきりと明確な損失と天秤にかけるとどうしても今はっきりと数字で表されているものの方が心に与えるインパクトがでかくなってしまい、損切りを判断・実行するのに二の足を踏んでしまうわけです。

というわけで、なぜ損切りをしなければならないのかと問われた場合、「未来のの時間とチャンスを得る為」っていうのはどうでしょう? ←しかし、ここにも落とし穴があって俺みたいに未来の時間とチャンスを買い続けて資産を減らすだけの人もいます。(たぶんそれは損切りが遅いため)

いろいろごちゃごちゃ考えてしまいましたが まあ、要するに あしたドワンゴを損切りするのに自分を説得する確かな口実が欲しかっただけなんです。。

さようならドワンゴ。 また買う日まで。。
テーマ:株式 学び
ジャンル:株式・投資・マネー
けんいち! 株の所有時間について考える!!
2008年03月22日 (土) | 編集 |
 今日は朝食におはぎを食べたら、下痢しました。 ニートのけんいちです。  (ん?原因はその後食べたチョコパフィーかな?) ←チョコパフィーとは牛乳と混ぜて食うシリアルのことである。

今日、ふと思ったんだけど デイトレーダーの平均株所有時間ってどのくらいなのかなぁ?
もちろんトレードスタイルや、買った時間帯や銘柄、その日の値動きやチャート・板の状況によってそのつど違ってはくるだろうけど。。

俺の場合、1時間以上所有した時点でかなり悪い状況になっている事の方が多いような気がします。
というのは、結局株を1時間以上所有してるってことは、その時点で自分の押し目予想か 売りたい上値の予想が外れてる状態になっている。 ってことなんだと思います。
それと、今の俺は資金が少ないというのと、投資ツールがあまり便利ではないという理由で、1銘柄買って、1銘柄売る。 その繰り返しという状況なので、考えようによってはある程度利幅が取れたとしても時間をかければかけるほどコスト高っていうことになってしまいます。
理想としては、30分ぐらいである程度利幅をとって売り抜けたらって感じなのかなぁ。。

まあ、でも今は時間的なことよりも 時間をかけても損をしないことを優先させてるんだけどねっ

う~ん… 今日はあまり意味のないことを考えてしまったような…
ま、いっか。 では またあしたっ
テーマ:株式 学び
ジャンル:株式・投資・マネー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。